眠れないくらいひどい腰痛の方に
腰痛には筋・筋膜性の腰痛以外
 ★腰椎椎間板ヘルニア
 ★脊柱管狭窄症
 ★脊椎すべり症
 ★脊椎分離症
 ★変形性腰椎症
 ★腰椎圧迫骨折
 ★変形性腰椎症
などがあります。
以上が原因になり坐骨神経痛となります。痛みや痺れを感じる代表的な場所はお尻、太ももの裏・すね・ふくらはぎなどです。
いずれも整形外科にいっても手術しないと治らない、しても治らないといわれてしまう症状ばかりです。もちろん治る方もいます。でも手術で痛みはとれても痺れたり麻痺したり、浮腫でパンパンになったりと医者から見離されてしまった患者さんは多いです。手術をしなくてもブロック注射、鎮痛剤を繰り返すと中枢まで薬におかされ、最後にはまったく感じなくなった方もいらっしゃいます。そのような方でも鍼灸治療は有効な痛みの鎮痛手段となります。
変形性腰痛症などつぶれてしまった骨は元にはもどりませんが、鍼治療により脳下垂体や副腎を刺激して、エンドルフィンなどの鎮痛物質を分泌させて痛みを緩和させることは可能です。
またヘルニアは最近の研究では半年間安静にしていれば白血球が元気になりヘルニアを異物と思い、食べてしまいなくなってしまうそうです。
お灸はこの白血球を含め血液の質を高めることによって免疫力をUpします。
かなり痛い方は最初の3日間続けて受けることをおすすめします。激しい症状でも痛みが和らぐ方が大部分です。またできたら手術の前がいいのですが、手術の後年数がたっていてもある程度改善します。あきらめないで 

症例1 ヘルニア
■53才 女性 L5とS1のヘルニア左突出
でん部から大腿外側につるような痛み
足をなげだして座れない やや痛みのためうつ症状
週2回、10回ほどで痛みが6割減、長い間座れないので美容院に行けなかったが傷みが少なくなってきたので4ヶ月ぶりに美容院で髪を切った。表情明るくなる。治療継続中

症例2 脊椎すべり症
■59才 男性 生まれつきL5のすべり症
緑内障 前立腺肥大 鼻炎などがある
腰に関しては8ヶ月前左足全体にしびれ、でん部痛などの坐骨神経痛症状があったが2ヶ月ほどであまり痛くなくなったので治療終了。 その後運転手の仕事に就き今度は右側の大腿外側が痛くなり仕事に出られなくなり来院。足がかなり冷たかった。4回程で坐骨神経痛はなくなったが その他の症状のためしばらく通うことになった