鍼灸はこんな症状によく効きます

神経系
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・三叉神経痛

運動器系疾患
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・手根幹症候群・腰痛・骨折後・打撲・捻挫・坐骨神経痛

循環器系疾患
高血圧・低血圧・動悸・息切れ・汗

呼吸器系
慢性気管支炎・喘息・風邪

消化器系
胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔

代謝内分秘系
甲状腺機能亢進、低下(バセドウ氏病・橋本病)・糖尿病・痛風・脚気・貧血

生殖、泌尿器系
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大

婦人科系
更年期障害・乳腺炎・生理痛・月経不順・冷え性・不妊

耳鼻咽喉科系
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

眼科系
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

皮膚疾患
やけど・アトピー

小児科疾患
小児神経症・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質

坐骨神経痛
坐骨神経は第4、5腰神経と第1〜3仙骨神経が束になり、おしりの真ん中あたりのくぼみ(大殿筋や梨状筋)を通り、大腿後面中央、膝裏の少し上で二本の神経(脛骨神経と総腓骨神経)に分かれ、脛とふくらはぎへ至ります。痛みやしびれはこの神経の走行に添って出てきます。
坐骨神経は人体の中で最も太く長い神経ですので腰、お尻、足のさまざまな部分の筋肉や骨と近接しており、かつ狭い部分を走っています。
そのために圧迫される可能性のある場所が多くなります。また運動不足や長時間椅子に座って同じ姿勢でいることなどが坐骨神経痛を発症させやすくしています。

   
   症例1 60才 男性
10ヶ月前から左あしの膝より下が痛くてしびれる。近所の鍼灸院で10回程治療しても全く変わらないので当方を受診一回
の治療で ほとんど痛みもしびれも消失。
10ヶ月ぶりにゴルフに行ったそうです。2回目はまだしびれが少しあるとの事で同じ治療をしました。治療は鍼と、腰とお尻にぽかぽかとした温灸をしました。

   症例2 58才 男性
一年ほど前寝ていた時に腰の上に子供がのっかりそれから足がだんだん痛くなり、ついには歩くときにあしがつかなくなりびっこのよう になってしまいました
。 1回目の治療でだいぶ足がついて歩けるようになりました。この方は一ヶ月に一回の治療ですがお宅で自分
で痛い部分に温灸をしています。現在まだ治療中ですが足にだいぶ力が入るようになり坂道を前は自転車で登れなかったのが登れる 様になりました。まだ走る時にびっこになりますね。 当院では患者さん自らお灸をしてもらうよう指導いたします。毎日お灸することによって治療効果が持続します 

■五十肩
■更年期障害
■鞭打ち
腱鞘炎
■不妊症
■花粉症
■頭痛
■便秘・下痢
■不眠・うつ症状